2022.3.8

ハワイアンジュエリーの結婚指輪

結婚指輪・婚約指輪の知識

札幌でハワイアンジュエリーを作ろう!込められた意味や結婚指輪に選ぶポイントをご紹介

美しい海とどこまでも続く青い空、心地よい風とプルメリアの香りに包まれた楽園の島ハワイは、日本人が大好きなリゾート地です。
ハワイの空気は、穏やかな安心感を与えてくれます。それは道行く人々の笑顔や、古くから伝わるハワイのスピリットである温かい思いやりの気持ちが、居心地の良い癒しを与えてくれるからではないでしょうか。
そんなハワイの愛を封じ込めた「ハワイアンジュエリー」が人気を博しています。ネックレスや、ファッションリングに限らず、結婚指輪に選ぶ方が大変増えています。
魅力的な「ハワイアンジュエリー」に込められた意味や結婚指輪を選ぶポイントについてお話していきます。

ハワイアンジュエリーとは

ハワイアンジュエリーとは、好きな言葉や絵柄を「ハワイアン彫り」というハワイの伝統的な手法で刻んでいくジュエリーです。親から子へと代々受け継がれていく宝物という意味合いも持ちます。
伝統的なハワイアン彫は、熟練した職人さん達の手彫りで制作します。
華やかで煌めきのある切り口や彫りの深さ、人の手で作られた温かみを感じる魅力溢れるジュエリーです。
ハワイをイメージする模様が描かれた大量に生産されたようなものをハワイアンジュエリーとして並べているお店もありますが、これらはハワイアン風であってハワイアンジュエリーとは呼べません。
誰もが知っているハワイの名曲「Aloha Oe」(アロハ・オエ)を作ったことでも有名な、ハワイ王朝最後の女王リリオカラニが、「ハワイアンジュエリー」の起源を作ったとされています。

結婚指輪としてハワイアンジュエリーが選ばれる理由

結婚指輪としてハワイアンジュエリーはなぜ人気が高いのでしょうか?
それはハワイアンジュエリーに込められた「想い」が伝わるからではないでしょうか。
大自然のパワー(マナ)をモチーフにしたハワイアンジュエリーは、身につけることで幸せになると言われ、ハワイの人達にとって大切なお守りとして代々受け継がれ愛されています。
古来より自然を大切にし、海や風、生物や植物など全ての万物に感謝を忘れないハワイの精神、その想いが刻み込まれたハワイ独特のモチーフは、とても温かみのある癒しを与えてくれます。
職人技のオリジナルデザインに「想い」がこもったジュエリーだからこそ、愛される理由なのではないでしょうか。

ハワイアンジュエリーに込められた意味

ハワイアンジュエリーの自然をイメージした伝統技法が織りなす美しいモチーフには、一つ一つに神聖な意味合いが込められています。
モチーフに込められた想いや意味を知ることで、プラスアルファの力がわいてくると言われています。意味合いを考えながらモチーフを組み合わせていくのも楽しみ方の一つです。
結婚指輪に使われる「ハワイアンジュエリー」の代表的なモチーフを意味合いと共にご紹介します。

プルメリア

ハワイに香るプルメリアの花は、ハワイアンにとって一番身近な花として親しまれている純白の可憐な花です。幸せの象徴とされ結婚指輪に掘られる人気のモチーフです。女性の魅力を引き出すとも言われています。

ホヌ(海亀)

ハワイでは、神様やご先祖様は自然に姿を変えて家族を守っていると信じられています。
ホヌ(海亀)は海の守り神であり「幸運を運んでくる神聖な生き物」とされ結婚指輪に人気があります。危険や災いからも身を守るとも言われ親しまれています。

スクロール(波)

寄せては返す波は、途切れることはないことから「永遠に途切れることのない愛」を意味し、「どんな波でも二人で乗り越えていける」という二人の決意の証として、結婚指輪に刻む方が多いです。ハワイアンジュエリーで最も人気があります。

マイレリーフ

マイレとは、ハワイで「神が宿る神聖な葉」とされている植物でフラダンスの装飾によく使用されています。
ハワイアンジュエリーの中でも特に神聖とされ、大切な人との絆や繋がりを表すことから特に結婚指輪に人気のモチーフです。

刻印におすすめ!結婚指輪に入れたいハワイ語

ハワイアンジュエリーの結婚指輪
ハワイアンジュエリーは、モチーフだけではなくハワイ語の刻印をいれることで、更に特別感が増す結婚指輪になります。
イギリスのビクトリア女王は、夫の死後亡くなるまで衣装からジュエリーまで黒しか身につけず喪に服したと言います。その頃のハワイ王朝最後の女王リリオカラニは、親交のあったビクトリア女王の悲しみを分かち合うため、ジュエリーに「Ho’omanao mau(永遠の思い出)」というメッセージを黒く刻印し、身につけたと言われています。このことから大切な人へ、思いを込めたメッセージを刻印する風習が生まれたと言われています。
結婚指輪に入れたハワイ語のメッセージで人気なのが、「Aloha」の文字が入ったものです。
「Aloha」は、よく耳にする言葉ですが、挨拶だけでも「こんにちは」と「さようなら」を表します。
他にも、愛、愛情、思いやり、親切、共有、慈悲、誠実な、親切な、寛大な、大好き、愛らしい、敬意を持つなど、日本語に訳したら訳しきれないほどの様々な解釈ができるウルトラワードなのです。
「Aloha」という言葉の奥深い真意をくみ取り、メッセージを選んでみましょう。
この言葉を使用してよく使われる言葉は、「Me ke aloha(愛を込めて)」、「Aloha au iaoe(愛しています)」、「Nau ko`u Aloha(私のすべてをあなたに)」です。
純粋な愛が伝わる、結婚指輪にふさわしいメッセージではないでしょうか。
「Aloha」を入れずに短くまとめて愛を伝えることもできます。
「Kuuipo(私の大切な人)」や「Mauloa(永遠)」もシンプルでとっても素敵です。

現在ハワイの公用語は英語とハワイ語ではありますが、ハワイ語を話す人が劇的に減少しているそうです。アロハの精神に満ちたハワイの文化をその指に刻んでおきましょう。

札幌でハワイアンジュエリーの結婚指輪が作れる場所はある?

日本の北に位置する札幌で、南国ハワイの「ハワイアンジュエリー」の結婚指輪が作れる場所ってあるの?と思われている方、必見です。
札幌でハワイアンジュエリーの結婚指輪を作れるお店は、「工房スミス」です。
「工房スミス」には、ハワイでしっかり修行してきた本格的な「ハワイアンジュエリー」専門の彫り師がおります。お預かりから2~3週間という短い期間でのお渡しも可能です。
「工房スミス」ではたくさんのハワイアンジュエリーの結婚指輪を制作している実績がございます。お問い合わせ・ご相談をお待ちしております。

「工房スミス」なら職人が1本1本手作業で彫刻

札幌にある「工房スミス」では、ハワイで高度な技術を磨いてきた職人がお二人の思いに寄り添い、1本1本手作業で彫刻をしていきます。その腕は、本場ハワイの専門ブランドに引けをとらない程の優美で美しい伝統技法を魅せてくれます。

レリーフの種類や刻印方法も豊富

「工房スミス」では、「ハワイアンジュエリー」の伝統的な柄を多数御用意しております。
全体に施された美しいレリーフは、画像でも見ることができますが、その動きを実際に見て感じて温かみのある質感を味わっていただくことをお勧めします。
リングから手作りしたいというご要望もお受けします。熟練した職人が見守る中、アーム部分をお二人で制作していただきます。その後専門の職人が本場のハワイアン彫刻を施します。もちろん刻印も様々なフォントからお選びいただけます。
お二人のご要望に限りなく近づくお手伝いができます。

札幌でハワイアンジュエリーの結婚指輪を作るならこちら

まとめ

ハワイアンジュエリーの魅力を堪能していただけましたでしょうか?
結婚指輪は、二人の永遠の愛を象徴する証です。
この先長い道のりの中、様々な出来事が起こります。嬉しい時、楽しい時はその喜びを更に増やしてくれるでしょう。逆に辛い時、悲しい時は二人でもう一度ハワイアンジュエリーに込められた意味を思い出してください。きっと乗り越えて更に力がわくはずです。
一生身につける結婚指輪です。こだわりが沢山つまったハワイアンジュエリーの結婚指輪を宝物として身につけて欲しいです。

いますぐご予約