2020.9.8

手作り指輪の知識

札幌で結婚指輪を作るには?|手作り結婚指輪ならSmith札幌店で

結婚指輪の意味とは?

めでたく夫婦となる二人の絆と愛を誓う証として交換しあう結婚指輪ですが、ブランドのデザイナーが手がけたクオリティーの高いものを選ぶのか、自分達だけの思いのこもったオリジナルのものを作るのかなど、選択肢は様々です。
結婚指輪とは夫婦になる二人の永遠の絆、永遠の愛を形に表したものであり、身につけることで二人の絆を実感するという役割があります。
また、結婚の証として身に付け、既婚者であることを周囲に伝える役割もあります。

結婚式に新郎新婦がお互いに指輪を交換し合うのは、「ともに夫婦として生涯を歩んで行く」と誓い合う儀式なのです。

つまり、結婚指輪には二人が共に人生を歩んでいく誓いと永遠に愛が続くようにという祈りが込められた大切な指輪なのです。

結婚指輪は購入するのと手作りどちらが良い?

 

結婚指輪は、ブランドの指輪などのように直営店で購入することが多いですが、自分達だけのオリジナルの結婚指輪を求めてジュエリー工房などで手作りするのも人気となっています。
そこで、それぞれの特徴や価格についてご紹介いたします。

ブランドの直営店などで購入する

カルティエ、ティファニー、ブルガリ、ヴァンクリーフ&アペール、ハリーウィストンなど、誰もが憧れるハイジュエラーを始め、有名ブランドから多くのマリッジリングが展開されています。

そのブランドの直営店でブランドのイメージを感じながら商品を手に取って選ぶことができるのは魅力のひとつです。
ハイブランドの直営店であれば、接客なども最高のおもてなしをしてもらえることでしょう。

店頭でデザインを選び、リングの裏につける刻印(結婚記念日や名前など)や宝石を選びます。
自分に合うサイズがなければ取り寄せをしてもらうなど、色々な手続きがあるので、その場ですぐに購入して手に入るということはないのが一般です。

結婚指輪にかける金額に関しては10~30万円ぐらいが多いようです。

10万円以下だと宝石がないシンプルなデザインのものが多いです。
11万円~20万円になってくるとデザイン性があるものやメレダイヤが目立つエレガントなものなど幅広く選ぶことができます。

21万円~30万円になれば小粒のダイヤモンドが一周あしらわれているようなエタニティリングや、ハイブランドのマリッジリングが選べるようになってきます。

30万円以上はハイクオリティーなデザイン・ダイヤモンドがあしらわれたようなハイブランドの憧れのリングが選べるようになります。

工房で手作りする

工房での手作りは、工房に出向いて二人が作製したい希望のデザインや納期・価格を相談して、見積もりをしてもらい、職人のサポートのもとに自分で結婚指輪を作成していきます。

細かい仕上げなどは、工房の方で作業してくれるところが多いです。
工房での手作り結婚指輪の相場は5万円~15万円となります。

工房にもよりますが、一から工具をつかって削ったり叩いたりしてリングをつくるところや、ベースのリングを加工していくものなど様々です。
その日に持ち帰れるところもあれば、数日後に出来上がるところもあります。

結婚指輪を手作りする理由

 

結婚指輪を手作りするということは一生に一度です。
手作りするということのよい点や注意すべき点をしっかり把握して、後悔が残らないような思い出づくりと指輪を作りをしましょう。

結婚指輪を手作りするメリット

結婚指輪を手作りするメリットとしてはやはり、他にない二人だけのオリジナル結婚指輪が作れるということです。
自分でつくるので、自分が希望するデザインの指輪を作ることができます。

また、工房で結婚指輪を手作りする方が、ブランドの直営店などで購入するよりも比較的低価格で結婚指輪を手に入れることができます。

そして、結婚指輪を作る体験が二人の思い出作りになることは、なによりも最大のメリットともいえるでしょう。

結婚指輪を手作りする際の注意点

指輪の手作りは、本来職人が作業することを体験することになります。
なので、うまく作業できないこともあります。
一生身に付ける大切な指輪となるので、作業が難しい時は無理をせず工房の職人にサポートしてもらうか、お任せしましょう。

結婚指輪を手作りするとリーズナブルな価格で作れるといっても、素材やデザインや宝石の数によって価格が高額になることもあるので、予算をしっかり伝えて、工房と相談しながら決めましょう。

結婚指輪には内側に名前、結婚記念日の日付などの文字入れるのが一般ですが、このように素人が作業するのが難しいようなことも、工房側でお願いできるのか確認しておきましょう。

保証書がついているか、指輪のサイズなおしやクリーニング、メンテナンスのサービスなどアフターケアはきちんとしてくれるのか、確認しておきましょう。

札幌で結婚指輪を手作りするならSmithで

2人らしさを表現

工房Smithでは2種類の工法が体験できます。

工房Smithでは鍛造コース、WAXコースの2種類の工法が体験できます。

鍛造コースでは、1本の棒状になった金属から叩いてバーナーであぶったり、道具を使ってリングを作っていきます。
自分でつくったクラフト感を楽しむことができます。

ワックスコースでは、ロウ素材を削ってリングの形をつくっていきます。
デザインにこだわりたい方や、指輪の厚みや指への馴染み具合を重視したい方におすすめです。

希望デザインや納期等も含めて相談しながら、2人らしさを表現できるような指輪をぜひ工房Smithで作りあげてください。

1人の職人によるサポート

工房Smithはお客様の「こんな指輪がほしい」を実現できるよう、お客様に寄り添って制作のサポートをいたしております。
そのため、1日5組限定とし、1組につき1人の職人がついてサポートし、じっくりと制作していただくことが可能です。
一生身に付ける大切な結婚指輪の制作だからこそ、時間をかけて特別な思い出となる一日をお過ごし下さい。

アフターサービスも

工房Smithではアフターケアもしっかり行っております。
作製した結婚指輪には「品質保証書」をお付けしており、指輪のサイズ直しや宝石のメンテナンスを行っております。

指輪のサイズ直しの加工は保証書の日付の2年以内であれば1回無料で行っております。
サイズを小さくするのは無料ですが、サイズを大きくするのは大きくする号数によって材料代がかかります。

またデザインによってもオプション加工代として頂くこともありますのでご了承ください。いずれも、保証書をご持参ください。

保証が切れた後も、有料で指輪のサイズ直しは行っております。

サイズ直し以外にも「新品仕上げ」という、指輪の傷をとって新品の時のような綺麗な状態に戻すサービスを提供しております。
指輪の変形の修理や金属が深く欠けている部分の修理は有料となる場合もありますので、一度ご相談ください。

サイズ直しも新品仕上げも要予約となっております。
クリーニング、宝石のゆるみ、紛失などは有料での修理をお受けしておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

まとめ

今回は結婚指輪をブランドの正規店で購入する場合と工房で手作りする場合の相場などの違いや、工房で手作りする場合のメリットと注意点、札幌で結婚指輪を手作りするのにおすすめしたい「工房Smith」について解説してきました。

ブランドの正規店で購入する場合か工房で手作りするかなど、結婚指輪を手に入れる方法はそれぞれですが、予算と何を重視して選ぶかをしっかり決めて、後悔の残らない素敵な結婚指輪をぜひ、てにいれてください。

【LINE】
▲ご予約、お問い合わせ、お見積もりに大変便利な
工房スミス 札幌店 公式LINEはこちらからどうぞ
【Instagram】
▲お客様が作った指輪の写真や作業風景を随時投稿しております
札幌市中央区南2西10-1 オエノン北海道 BLD1F
🈺10:00~19:00