手作り結婚指輪・婚約指輪・ペアリング Smith札幌本店

2024.6.7

手作り結婚指輪・婚約指輪

母親の婚約指輪を娘に受け継ぐ|リメイク・リフォームするメリット・デメリットや注意点を解説|工房スミス札幌店

婚約することが決まったとき、指輪を母親から受け継ぐことがあります。

受け継いだ婚約指輪をそのまま使う場合もありますが、自分好みのデザインにリメイク・リフォームすることを考える場合もあるでしょう。

この記事では、指輪のリメイク・リフォームの基礎知識やメリット・デメリットをご紹介します。

また、リメイク・リフォームの事例や後悔しないためのポイントまで解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

母親から娘へ|譲り受けた婚約指輪をリメイク・リフォームする前に基礎知識を確認

この章では、指輪のリメイク・リフォームについてご紹介します。リメイク・リフォームの方法や依頼できる店舗、必要な値段などについてもみていきましょう。

指輪のリメイク・リフォームとは?

指輪のリメイク・リフォームとは、もとのデザインや宝石の一部を残して新しいデザインに作り替えることです。一般的な指輪のリメイク・リフォームは、宝石をいかして指輪のアームのデザインを変更します。

リメイク・リフォームの方法

指輪のリメイク・リフォームは、主に下記の2種類の方法で行います。

  • 宝石のついていないサンプル枠を試着してリメイク
  • 枠からデザインを考えるリフォーム

サンプル枠を試着するセミオーダーの場合、出来上がりをイメージしやすいのが特徴です。一方で、枠からデザインをやり直すフルオーダーの場合は、自分好みのデザインに作り変えることができます。

どちらの方法も、完成後のイメージをしっかりと話し合って決めることが大切です。

リメイク・リフォームができる店舗

指輪のリメイク・リフォームは、リフォーム専門の店舗に依頼することが多いですが、フルオーダーができるジュエリーショップでも対応できる場合もあります。

事前にリメイク・リフォームができるかや、完成後のアフターフォローについても確認しておくと安心です。

リメイク・リフォームの値段

指輪を含むジュエリーのリフォームの値段は「材料費+加工賃-下取り地金」で構成されています。必要な費用はリフォームの方法や、デザインなどによって異なりますが、10万円前後から可能な店舗もあります。

指輪のリメイク・リフォームについて相談した際に、費用感についても確認しておきましょう。

婚約指輪をリメイク・リフォームするメリットとデメリット

この章では、婚約指輪をリメイク・リフォームするメリットとデメリットをご紹介します。主に考えられる3つのメリットと1つのデメリットを解説しますので、参考にしてください。

メリット

メリットは主に下記の3つが挙げられます。

  • 母親の想いを受け継ぎ大切にできる
  • 自分だけのオリジナルデザインにできる
  • 購入より費用が抑えられる

それぞれの内容を詳しくみていきましょう。

母親の想いを受け継ぎ大切にできる

母親から受け継いだ婚約指輪には、ものとしてだけではなく母親の想いも込められています。先祖代々、受け継がれて指輪なら特に家宝として大切にされてきた指輪です。

想いのこもった婚約指輪を受け継ぐことは、母親や先祖を大切にすることにも繋がるでしょう。指輪の形が変わっても、子孫に想いを繋げることができるのがリメイク・リフォームの魅力です。

自分だけのオリジナルデザインにできる

婚約指輪のリメイク・リフォームのメリットとして、既製品にはないデザインをカスタマイズできることが挙げられます。もとの宝石をいかしたり、好みの宝石やデザインを追加したりすることで、自分だけのオリジナルデザインにできます。

リメイク・リフォームで、自分だけの指輪を作りあげることができるのは、大きなメリットといえるでしょう。

購入より費用が抑えられる

母から受け継いだ婚約指輪のリメイク・リフォームは、もとの素材をいかせるため、新しく購入するより費用を抑えることができるメリットがあります。

例えば、もとの指輪の石をいかす場合、石にかかる費用は必要なくなり、枠の材料費と加工賃だけの費用に抑えられるでしょう。

デメリット

婚約指輪をリメイク・リフォームするデメリットは下記のとおりです。

  • 完成後のイメージがしにくい【フルオーダーの場合】

完成後のイメージがしにくい理由を詳しくみていきましょう。

完成後のイメージが想像しにくい【フルオーダーの場合】

フルオーダーに限りますが、一部のみリメイク・リフォームする場合と比べて、一から作り直すフルオーダーは、完成した指輪をイメージしにくいのがデメリットです。

そのため、店舗にある参考にした指輪でイメージすることになるでしょう。

なるべく、自分が想像している出来上がりのイメージと離れないためには、店舗スタッフと認識の誤差がないように話し合う必要があります。

婚約指輪のリメイク・リフォームの事例

婚約指輪のリメイク・リフォームは、実際、どのような事例があるのかをご紹介します。具体的な事例は下記のとおりです。

  • 立爪で止めていたダイヤモンドを埋め込み型に変更
  • カラーダイヤモンドや宝石を追加して華やかに変更
  • ペンダントの宝石を使用して婚約指輪に変更

どの事例も、もとの指輪やジュエリーに付いていたダイヤモンドや宝石をいかしたリメイク・リフォームを行っています。

枠組みを変更したり、宝石を追加したりすることで自分好みのデザインに変更する方が多いようです。もし、フルオーダーで作り変える場合は、出来上がりのイメージをしっかりと共有しておきましょう。

婚約指輪のリメイク・リフォームで後悔しないためのポイント

母親から受け継いだ婚約指輪を、リメイク・リフォームして失敗しないか、不安を感じている方もいるでしょう。

この章では、婚約指輪のリメイク・リフォームで後悔しないためのポイントをご紹介します。

完成後のイメージやデザインを共有してくれる店舗を選ぶ

婚約指輪のリメイク・リフォームを依頼する際、完成後のイメージやデザインを共有してくれる店舗選びが重要です。

母から受け継いだ婚約指輪が、思っていたイメージと違うデザインになってしまわないように、しっかりと説明や完成後のイメージを共有してくれる店舗を選びましょう。

リメイク・リフォームの実績がある店舗を選ぶ

大切な婚約指輪のリメイク・リフォームは、実績がある店舗選びも重要です。実績は、店舗のホームページで確認できる場合もあります。

また、ホームページを確認する際は、店舗の口コミも併せて確認しておくと安心です。親身になって相談を受けてくれる店舗なのか、スタッフの対応や満足度なども確認しておきましょう。

ホームページで確認できない場合は、直接、店舗に確認してみるのも一つの方法です。

母親から譲られた婚約指輪はリメイク・リフォームで受け継いでいこう

母親から譲られた婚約指輪のリメイク・リフォームを検討する際は、部分的にするのか、一から作り直すか選ぶ必要があります。

リメイク・リフォームは、リフォーム専門のお店かフルオーダーが依頼できるジュエリーショップでも受け付けできる場合があります。また、費用は10万円前後で依頼できる店舗もあるため、事前に確認しておきましょう。

婚約指輪をリメイク・リフォームする大きなメリットは、母親や先祖の想いを受け継ぎながら、自分好みのデザインにできることです。また、新しく購入するより、費用を抑えられます。

一方で、フルオーダーの場合、リメイク・リフォーム後のイメージがしにくいのがデメリットといえるでしょう。

母親から譲られた婚約指輪をリメイク・リフォームして後悔しないためには、店舗選びが重要です。しっかりと完成後のイメージを共有してくれ、実績のある店舗を選びましょう。

工房Smithでも、プロの職人が婚約指輪のリメイク・リフォームのご相談を受け付けています。気になることや疑問は、お気軽にご相談ください。

工房スミスHP
最上段へ