札幌で結婚指輪・婚約指輪を手作りするなら! 札幌の手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス
札幌で結婚指輪・婚約指輪を手作りするなら! 札幌の手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス
札幌で結婚指輪・婚約指輪を手作りするなら! 札幌の手作り結婚指輪・婚約指輪の工房スミス

手作り結婚指輪・婚約指輪・ペアリング Smith札幌店

2022.8.30

プラチナの結婚指輪

結婚指輪・婚約指輪の知識

婚約指輪はプラチナが人気?その魅力や相場、デザイン例を紹介

婚約指輪の素材にはプラチナやゴールド、ピンクゴールドなど様々なものがあります。

婚約指輪を購入しようとしている人のなかには、プラチナの指輪を買おうと考えている人も多いのではないでしょうか。ただ、一生に一度の婚約指輪だからこそ本当にプラチナを選んでよいのか、プラチナの婚約指輪にはどんなメリットがあるのか、相場はいくらかなどが気になると思います。

そこでこの記事では、プラチナの婚約指輪を選ぶ人の割合やメリット、費用相場、指輪のデザイン例などを紹介します。

どれくらいの人がプラチナの婚約指輪を選んでいる?

プラチナはダイヤモンドとの相性がよいこともあり、婚約指輪の定番素材ともいわれていますが、一体どれくらいの人がプラチナを選んでいるのでしょうか。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2021」によると、婚約指輪を購入した人の86%がプラチナの素材を選んでいます。また、ゴールド素材を選んでいる人は9.1%、プラチナ・ゴールドのコンビを選んでいる人は2.1%となっています。

このように、婚約指輪を購入した人のほとんどがプラチナを選んでおり、非常に高い人気であることがわかります。

なお、プラチナだけでなくゴールドの婚約指輪にも興味があるという人は、以下の記事もあわせてご覧ください。

ゴールドの婚約指輪の魅力とは?人気がある理由や選ぶ際のポイントを紹介

プラチナの婚約指輪が選ばれている理由とは?

では、なぜ多くの人にプラチナの婚約指輪が選ばれているのでしょうか。ここでは、プラチナ婚約指輪の魅力や選ばれている理由を紹介します。

デザインの種類が豊富

プラチナの婚約指輪は、他の素材よりも選べるデザインの幅が広い傾向にあります。プラチナは柔軟性や伸縮性が高く加工しやすい素材なので、様々なデザインを実現できるのです。

プラチナの婚約指輪で選べるデザインとしては以下などがあります。

デザイン 特徴
ソリティア 一粒のダイヤモンドのみをセットした、婚約指輪の定番デザイン。
メレ 中央に一粒のダイヤモンドを留め、その両方または片側に小粒のダイヤモンドをあしらったデザイン。
パヴェ 婚約指輪のアーム部分に、小粒のダイヤモンドを敷き詰めたデザイン。
エタニティ 婚約指輪のアーム部分に、同じサイズ・カットのダイヤモンドが一列に並んでいるデザイン。

これらのデザインに、より細かなアレンジを加えることもできます。そのため、デザインにこだわりたい人や個性的なデザインにしたい人などには、プラチナの婚約指輪が向いているでしょう。

耐久性に優れている

プラチナの婚約指輪には、耐久性に優れているという魅力もあります。

プラチナは、ゴールドなどの素材と比べて腐食や傷に強く、変形・変色しにくいので耐久性が高いといわれています。加工がしやすいという特徴もあるので、万が一傷などがついても修理できることが多いです。

そのため、耐久性が高く長く身につけられる婚約指輪がいいという人には、プラチナが向いています。

ただ、純度の高い純プラチナは柔らかく、傷がつきやすいとされています。耐久性や強度に優れた婚約指輪にするには、他の金属を混ぜたハードプラチナなどを選ぶのがよいでしょう。

肌になじみやすい

プラチナの婚約指輪は、肌になじみやすいという特徴もあります。

一般的な日本人の肌に合いやすい色はゴールドとされていますが、女性に多い色白肌にはプラチナが合うとされています。白金とも呼ばれるプラチナの婚約指輪を身につけることで、透き通るような白い肌の美しさが一層際立つでしょう。

また、プラチナは金属アレルギーが起こりにくい素材なので、身につけることによる肌荒れなども起こりにくいです。

女性ならではの白い肌の美しさを引き立てたい人や、金属アレルギーが気になる人などにはプラチナの婚約指輪がおすすめです。

幅広いシーンで身につけられる

プラチナの婚約指輪は、日常の様々なシーンで身につけることができます。

プラチナは、上品な輝きでありながらゴールドよりも落ち着いた印象を与えます。そのため、フォーマルな場やビジネスシーンなどでも身につけられるのです。

プライベートだけでなく、職場や友人の結婚式などでも身につけたいという場合は、プラチナの婚約指輪がピッタリです。

プラチナの婚約指輪を手に入れる方法

多くの人に選ばれているプラチナの婚約指輪には様々な魅力がありますが、どのような方法で手に入れられるのでしょうか。その方法を3つ紹介します。

手作り

自作
プラチナの婚約指輪は、指輪作りの専門工房で手作りすることができます。

手作り工房では、婚約指輪の素材やダイヤモンド、石留めのデザイン、形状、刻印などを自由に決められます。デザインの自由度が高いので、理想の婚約指輪が手に入ります。婚約指輪を手作りすることでパートナーへの想いも込められるので、世界にひとつだけの特別な婚約指輪が手に入るでしょう。

また婚約指輪の手作りでは、パートナーへのサプライズとして1人で作ることはもちろん、パートナーと2人でデザインを考えながら作ることもできます。

そのため、理想のデザインの婚約指輪を手に入れたい人やサプライズ感を演出したい人、一緒に作って思い出も残したい人などには手作りがよいでしょう。

婚約指輪の手作りについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

婚約指輪は自作できる?注意点や選べるポイントも紹介

既製品を購入

ジュエリーショップなどで販売されている、既製品の婚約指輪を購入するという方法もあります。ショップでは、様々なデザインのプラチナの婚約指輪が販売されています。

すでに完成している婚約指輪のなかから選んで刻印などを決めるだけでよいので、手間をかけずに手に入れることができます。ブランドショップの場合は、独自のデザインの婚約指輪もあるので、好みのブランドがある人は既製品が向いているかもしれません。

ただ、既製品はデザインがすでに決まっているので、好みのデザインが見つからなかったり、他の人と婚約指輪のデザインが同じになってしまう可能性があるため注意しましょう。

オーダーメイド

婚約指輪を販売しているお店によっては、指輪をオーダーメイドすることもできます。

オーダーメイドでは、ショップの専属デザイナーに希望を伝えることで、その理想をかなえる婚約指輪をデザインしてくれます。

ただ、ショップのデザイナーや職人に婚約指輪を作ってもらうので、既製品や手作り婚約指輪と比べると費用が高くなる傾向にあります。また、婚約指輪が完成するまでに2〜3ヶ月ほどかかることが多いので注意が必要です。

予算と時間に余裕がある場合や、プロのデザイナーにデザインしてもらいたい場合などに向いているでしょう。

プラチナの婚約指輪の費用相場は?

プラチナの婚約指輪は様々な方法で手に入れることができますが、費用相場はいくらなのでしょうか。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2021」によると、プラチナの婚約指輪の平均金額は41.9万円となっており、金額ごとの割合は以下の通りです。

  • 10万円未満:1.3%
  • 10~20万円未満:5.8%
  • 20~30万円未満:20.4%
  • 30~40万円未満:25.0%
  • 40~50万円未満:16.7%
  • 50~60万円未満:14.6%
  • 60~70万円未満:5.8%
  • 70~80万円未満:2.9%
  • 80~90万円未満:1.7%
  • 90~100万円未満:0.8%
  • 100万円以上:5.0%

調査結果を見ると「30〜40万円未満」が最も多いため、婚約指輪の費用は30万円〜40万円が目安といえるでしょう。

費用をできるだけ抑えたいという場合は、婚約指輪を手作りするのがよいかもしれません。手作り婚約指輪は、既製品やオーダーメイドと比べてリーズナブルな傾向にあります。10万円〜20万円ほどで作ることができ、シンプルなデザインであれば10万円以下で作れることもあります。

プラチナの婚約指輪のデザイン例

婚約指輪の素材にプラチナを選ぶ場合は、一体どんなデザインに仕上がるのでしょうか。ここでは、プラチナの婚約指輪のデザインを3つ紹介します。

ダイヤモンドが輝く王道のデザイン

ダイヤモンドが輝く王道のデザイン
一粒のダイヤモンドを埋め込んだ、シンプルなデザインの婚約指輪です。

ダイヤモンドは、宝石がひと回り大きく華やかに見える「6本爪」というデザインで留められています。爪の本数が多い分、ダイヤモンドがゆるんだり外れたりというリスクが少ないので、日常使いしたい人などにおすすめです。

指輪のアームがウェーブのデザイン

指輪のアームがウェーブのデザイン
指輪のアームにねじりを加え、やや個性的なデザインに仕上がっている婚約指輪です。

プラチナは加工がしやすいため、指輪のアーム部分をV字やウェーブ、左右でデザインが異なるアシンメトリーなど、様々な形状にすることができます。

アーム部分がフラットなデザインもシンプルで素敵ですが、少し個性を出したいという人はこういったアレンジを加えるのもよいでしょう。

3つの宝石をあしらったデザイン

3つの宝石をあしらったデザイン
V字デザインのアームに、3つの宝石をあしらった婚約指輪です。

婚約指輪には、ダイヤモンドだけでなくエメラルドやルビー、サファイアといった誕生石やカラーダイヤモンドを入れることができます。

ダイヤモンドに加えて、おふたりの誕生石や好みのカラーのダイヤモンドをあしらうことで、オリジナリティのあるデザインになるでしょう。

まとめ

プラチナの婚約指輪は、デザインの種類が豊富で耐久性に優れており、幅広いシーンで身につけられることから多くの人に選ばれています。

プラチナの婚約指輪を手に入れる方法としては手作りや既製品、オーダーメイドなどがあります。費用を抑えて理想のデザインの婚約指輪を手に入れたい場合は、想いを込めて手作りするのがおすすめです。

工房スミス札幌では、プラチナ素材を使った理想のデザインの婚約指輪を手作りできます。制作時には、指輪作りに精通した職人がマンツーマンでサポートするので、初めて手作りする人でも安心です。

指輪の修理

婚約指輪の素材としては、通常の約1.4倍の硬度を誇る自社製のハードプラチナや、GIA(米国宝石学会)・CGL(中央宝石研究所)の鑑定書付きダイヤモンドを用意しているので、既製品にも劣らない高品質の婚約指輪を手作りできます。

ダイヤモンドが輝く王道のデザイン

1本で76,000円~という比較的リーズナブルな価格となっているので、プラチナの婚約指輪を購入しようと考えている方は、ぜひ一度お問い合わせください。

工房スミスHP
最上段へ

工房スミス 札幌店/京王プラザホテル札幌店